定番のお菓子から話題のスイーツまでパティスリー情報


by patissweeet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

桜ロールです。
今の季節だけ。

春はあけぼの…のような画像でごめんなさい。
c0194430_105001.jpg

桜の香り、ピンクのロール生地に
たっぷり生クリーム。
アクセントの小豆が隠れてます。(1本1600円)

ネットでも買い求めることができます。
でも、ぜひ、中目黒のお花見をしながら、お店へGO!

あにき〜!っぽい松野シェフ
とっても素敵なマダムに会いに!
落合美津子マダムはラッピングコーディネーターです。

パティスリー「1904」

パティスの個人的なおすすめは、

(1)マイヨジョーヌ…パッションの酸味がビシ!!!!
(2)サクリスタン…止められない、止まらないパイのお菓子
(3)モンブラン…土台がしっかり、足下かためてます。

あっ…
ピスタチオのシシリーも、おいしいですよ。
今の季節なら、いちごのマカロンも…。

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]
by patissweeet | 2010-03-30 10:51

(1)アルチザン テラ

「アルティザン・テラ」今月のお菓子はコレ。
その昔は、ミモザの花束と交換したという
物語りのあるお菓子です。
c0194430_23242345.jpg

世田谷公園前にある「アルティザン・テラ」さんは、
毎月、フランス各地のお菓子を
素敵なエピソードとともに紹介してくれます。
監修は、もっちろん、大森由紀子先生。
個人的な毎月のお楽しみになっています。

3月のお菓子は、ミディ・ピレネー地方の『リソル』。
パイの中はリンゴとプラムです。

しっかりと粉の味が活きた練りパイ、
そしてそれに負けない甘いガルニチュール(詰めもの)。
冷たいままでもよいですが、
ちょっとオーブンで焼くと、これまた美味!

以下、「アルティザン・テラ」さんのHPより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
丸く切り抜いた練り込みパイ生地に
干しプルーンのペーストを詰め、
餃子を作る要領で生地を半分に折って閉じて、
オーブンで焼くと生地がふっくら膨らんで、
半月型の「リソル」というお菓子になります。

カーニバルのダンスの輪の中で、
女性は好きな人に『リソル』を、
男性はミモザの花束を…
そっと交換したのだそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロマンティックですね〜。
パティスのミモザも春を告げています。

『リソル』をさらに詳しく→
アルティザン・テラ

c0194430_23133017.jpg

アルティザン・テラ
世田谷区下馬2-44-11
TEL 03-5787-8850
営業時間  10:00-20:00
c0194430_23142124.gif


パン、お菓子、お惣菜、カフェもあります!
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]
by patissweeet | 2010-03-24 23:14 | 焼き菓子